紙のラジオ

だから、読者よ、わたし自身がわたしの書物の内容なのだ。きみが、こんなにも取るに足らない、こんなにもむなしい主題のために時間を使うのは分別のない話ではないか。では、さようなら。

時をかける少女を見るおじさん

映画『時をかける少女』(2006)がテレビで放送されていたので途中から見た。この映画は10年ほど前に友達の家でも見たのだが、当時はストーリー上の整合性が気になってあまり楽しめなかった。今回はとくに何も考えずに最後まで見た。以下、わたしの物語の解釈…

雑記:MOTHERについて

* * * Wisdom of the World / Mother (NES) Music - Queen Mary's Castle www.youtube.com たまに クイーンマリーは うなされてるんだ。 わるいこを しかりつけるような ことをいって こわい こわい となきさけぶのさ。 そして うたを うたいはじめるんだ…

雑記:絵のうまさ

展覧会や雑誌、ポスターやインターネットなどで絵をちらと見て、デッサンがとれてないとか遠近がおかしいとか奥行きや立体感がないとか思うことがあるんだけど、もちろんこれは気にならない人は気にならないことだ。それと、そのようなことを気にさせない絵…

雑記:更新ついでに日記でも

最近思ったことを書き連ねてみる 私はかなり無敵の人に近いという自負があるんだけど、あまり絶望してないんだよね。望みがあるとも思ってないけど。というのは絶望とか希望とかってたぶん自分の外側にある概念で(見つけたり出会ったりする)じつは自分のや…

「セックスの哲学」について

『セックスの哲学 – 江口某の不如意研究室』 http://yonosuke.net/eguchi/blog/philosophyofsex ここ数日、このページの関連記事をつらつらと眺めていた。非常におもしろいですね。私はアカデミックな場にいたという実感がないので世の学者さんたちがどのよ…

作業日誌:他人との関係性について

他人はたくさんいるけれど、一緒にいたいと思えるような相手と出会う確率は5%くらい、相手もそう思う確率を掛けるとすべての出会いからじっさいに一緒にいるような相手との出会いは1%くらいという体感である。

作業日誌:なにをすればいいのかわからない という基本的な問い

芸術系学校で美術を学んで(学んだのだろうか?)二十二の歳で卒業したときにふと思ったことは「さて、私はなにをすればいいのだろうか」ということだった。といってもその時に初めてそう思ったわけではなく、在学中からすでに「将来、自分はなにをすればい…

作業日誌:知らない女子高生を見てもう死んでもいいかなと

今日、駅から家まで歩いてたら目の前を歩いてる女子高生がいて、その子がなんか音楽聴きながら身振り手振り、たぶん踊りの練習をしながらてくてく歩いてて、それがとても自然で気持ちがよさそうでこっちも嬉しい気持ちになった。そして彼女のように振る舞う…

作業日誌:他の誰かに届いてしまう

昨日の続き ディスプレイを介してテキストを投げ合う間柄においては相手が(実際に)なにものであるかというのは全く問題にならない。そして「つぶやく」ということはその相手すら必要でないと言える。じっさいに私はインターネットで何かを書く際に誰かに宛…

作業日誌:小学生と接する

昨日の続き。 とにかく私は今昼の仕事をしていて、昼の仕事では子どもたちと接している。だいたい小学生くらいの年代である。で、そういえば以前私はTwitterで(自称)小学生の人とやりとりをしていたことを思い出したんだけど、私は今仕事で接する彼らを「…

作業日誌:「つぶやく」ということから始めて行けるとこまで

「つぶやく」ということについて思いついたことを書きたい。ところで私の今の仕事は…と書いてから「仕事」のことをなんと呼ぶか迷ってしまった。候補は 1)仕事 2)バイト 3)昼の仕事 4)労働 などである。というのは「仕事」とは呼びたくないからであ…

作業日誌:171224 - 手紙

1.11.17 Ⅰ こんにちは。お元気ですか?僕はまあまあです。今年の夏に手紙をもらって、その返事です。手紙にはいくつかの事について書かれていましたが(憶えているでしょうか?)個性というものはないということについて補足的に書きます。 私は、私のような…

作業日誌:171021 - 貴重なもの、大事なもの

命ってそこに一個しかないから貴重と言えちゃうんだけど、この世に生きてるものは全部一個しかないしだいたいのものも一個しかない(そのあたりに落ちてる葉っぱとか)。ほかにもすべての瞬間は一回しかないってこととかもあって、ただひとつ、ただいちど、…

作業日誌:171019 - 上達しない

なぜいつまでたっても満足のいく絵がかけないのだろう?うまくいかないのだろう?といつも思うんだけど、それについてメモ。 他のことはだいたい出来るのに、絵を描くことが一番うまくいかない→自分は絵を描くことに向いていない(絵を描くのが一番苦手)or …

作業日誌:171016 - 意味のないことをする

わたしは一人でいる間、絵を描いたり曲を作ったり詩を書いたりする。これはほとんど意味がないことだ。意味がないというのはそこに意味を見いだす人がいないということだ。価値と言い換えてもいいのだが、とにかく意味がない。それは他人や社会にとって意味…

作業日誌:170915 - あなたの方が優れている

能力に立場は関係ない ある程度の年齢になると人はあまり変わらない。気遣いのできる細やかさや計算力や運動能力や他人に好かれる愛嬌の有る無しなどがとてつもなく変化するということはほとんどない。その人間の内面や外面にあらわれる能力のパラメータがあ…

作業日誌:170710 - G20でデモをしてた人たちはどんな人たちなのか

ドイツ、ハンブルクでのG20でデモ隊と機動隊との衝突があった と書くとかなり理解できる領域が減るという話でもある。もちろんデモ行進している人たちには(数万人と言われている)様々なグループと様々な主義主張や問題意識があって決して一枚岩でない。機…

作業日誌:170707 - 七夕なので七夕の国について/人生で一番の難事業

七夕なので七夕の国について 今日は七夕なのでこじつけで岩明均のマンガ『七夕の国』を紹介します。『寄生獣』は有名なマンガなので人生で一度は触れる機会があるでしょうが(映画化、アニメ化もされました)『七夕の国』はとんでもなく地味な話なので誰かが…

作業日誌:170706 - 嘘はいけないね

感想文の作法 その体験自体はつまらない作品や文化でも、それについてあれこれ文章を書くのはおもしろいし、文章そのものもおもしろいっていう書き手や文章がものすごく増えてて、でその人たちは「いや、実物はつまんないですよ」とわざわざ言わないってこと…

作業日誌:170705 - 共感するのはむずかしい

共感するのははむずかしい 一昨年死んだ独身の叔母さん最後に会った時、会話に困って音楽の話して、何聴くのか聞かれて、「ゆら帝とか」って答えたら「へぇ」で会話が終わったんだけど、亡くなってから遺品整理で部屋掃除してたらアルバム全部あるし坂本慎太…

作業日誌:170704 - Bedの前にBetしろ

セックスを違法にするとおもしろくなる しょうもない思いつきなんだけど(そうでないものは私にはないのだが)セックスが違法になったらむちゃくちゃ面白くなると思う。このおもしろくなるというのはセックスすること自体がおもしろくなるということとそれを…

作業日誌:170703 - 「もったいない」を我がことのように

「もったいない」を我がことのように 以前に 「もったいない」は不思議なことば という記事を書いた。 saigoofy.hatenablog.com 軽く引用と要約をすると 上記ブログ記事には、タイトルの通り京都大学という学校を卒業した女性が、現在専業主婦をしていること…

作業日誌:170701 - みんなが好きなもの、私が好きなもの、世界一のもの

みんなが好きなもの、私が好きなもの 不思議に眺めることのひとつにインターネット(SNS)にはほぼ無数の人間がいるけれど、その無数の人々が興味をもつ対象は無数というわけでなく、ばらけない。それ以前のテレビや雑誌のようなマスメディアに映る(比較的…

作業日誌 : 170630 - 星の王子様についてもう一度/考え方というよりは習慣

星の王子様についてもう一度 作業の合間に本屋へ行くとサン=テグジュペリの『Le Petit Prince(星の王子様)』の文庫が四冊あった。岩波の(内藤濯の)翻訳権が切れたので別の出版社からそれぞれ新訳版を出したものだ。何気なく読みくらべたりして、そのう…

作業日誌:170629 - アーティストという免罪符

アーティストという免罪符 不良なのがHIP-HOPだからとかじゃなくて、そもそもアーティスト全般に世間一般の常識を説くのが間違えてる。逸脱してんだよはなから。本質的には好きな事だけやって飯食ってんだぞ。マトモな訳無いだろ。— 呂布カルマ (@Yakamashiw…

作業日誌:170628 - いろいろむずかしい

デマや勘違いや解釈について SNSで見かけるデマや他人の勘違いやデータのうがった解釈など、誤った情報に触れたときに自分がどう対処するのかというのはなかなか難しい問題だ。たとえば日常生活だと、目の前の道に落ちているゴミは拾うことが出来るしそうル…

作業日誌:170627 - 成功のしかた、天才のつくりかた

成功者の作り方 「子供を藤井聡太にしたい親」への助言――石田直裕四段の例に見る (HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース 我が子を藤井聡太にする方法とは?という考えはアホらしいけど問い自体はおもしろい。藤井聡太というのは現中学生のプロ棋士の…

作業日誌:170626 - 他人に助けてもらうこと、幸せに見えること

今日のBGM : The Menzingers - "Livin' Ain't Easy" (Full Album Stream) www.youtube.com 後半の文章にひっかけたわけじゃないですけどこの曲。 Only a fool would think living could be easy 「愚か者だけが生きることなんて簡単だって考えるんだよ」と人…

作業日誌:170625 - 所有すること、何かが何かとつながっている

今日のBGM : Green Day Insomniac Album (1995) www.youtube.com これもなつかしいアルバム。ところでグリーンデイも活動歴が長いので多くのアルバムが出ている。むちゃくちゃ売れた(メジャー)デビューアルバムの『Dookie』(wikipediaによると2000万枚)…

作業日誌:170622 - もし俺がダメになったら

今日のBGM : Fall Back Down - Rancid [Official Music Video] www.youtube.com RANCIDのライブでもだいたいアンコールで演奏される(これを聴かないと客がかえらない)曲。fall back downというのはぶっ倒れたときとかダメになったときみたいな意味で、歌の…