紙のラジオ

だから、読者よ、わたし自身がわたしの書物の内容なのだ。きみが、こんなにも取るに足らない、こんなにもむなしい主題のために時間を使うのは分別のない話ではないか。では、さようなら。

雑記

ひさしぶりの友達 まいにちの猫

私は同窓会のような集まりに行くことがほとんどなかったし、学校や職場や住んでいる家などの環境が変わったが故に定期的に会わなくなった過去の知り合いに久しぶりに会うことは単発的な出来事なので、そのような会に出たり、もしくは偶然に過去の知り合いと…

時をかける少女を見るおじさん

映画『時をかける少女』(2006)がテレビで放送されていたので途中から見た。この映画は10年ほど前に友達の家でも見たのだが、当時はストーリー上の整合性が気になってあまり楽しめなかった。今回はとくに何も考えずに最後まで見た。以下、わたしの物語の解釈…

雑記:MOTHERについて

* * * Wisdom of the World / Mother (NES) Music - Queen Mary's Castle www.youtube.com たまに クイーンマリーは うなされてるんだ。 わるいこを しかりつけるような ことをいって こわい こわい となきさけぶのさ。 そして うたを うたいはじめるんだ…

雑記:絵のうまさ

展覧会や雑誌、ポスターやインターネットなどで絵をちらと見て、デッサンがとれてないとか遠近がおかしいとか奥行きや立体感がないとか思うことがあるんだけど、もちろんこれは気にならない人は気にならないことだ。それと、そのようなことを気にさせない絵…

雑記:更新ついでに日記でも

最近思ったことを書き連ねてみる 私はかなり無敵の人に近いという自負があるんだけど、あまり絶望してないんだよね。望みがあるとも思ってないけど。というのは絶望とか希望とかってたぶん自分の外側にある概念で(見つけたり出会ったりする)じつは自分のや…

雑記:今日があれの最後の日

あとになって静かな気持ちで思い返してみると、あのときああ言ったのは、ああ振舞ったのは正気な態度じゃなかったなとか思って後悔するのは、誰かと過ごした独特なあと味だな。 誰かに何かを言ったり何かをしたりするのは、こうやって一人で何かを書いたり何…

雑記:町中撮影者の肖像権侵害と悪口/ヘイトスピーチ判定基準について

headlines.yahoo.co.jp 上記ニュースに対して直接どーこういうつもりはなくて(動画も見てないし、この出来事に他人が介入することなのかどうなのかわからない。情報が一方的で少なすぎるとは思う)ただ二つ連想したことがあるんだけど、一個目は肖像権の侵…

雑記:無知であることについて

もう更新されていないブログを巡っていたら面白い文章があった。“50ドルのゲームを逆立ちしたって買えない貧乏人や、無知ゆえに他者の仕事に敬意を払う事、つまりは結局相応の対価を払うという当たり前の事ができない人がクラックコピーで遊ぶのだ。” http:/…

雑記:無人のブログと故人の墓

最近は個人のブログを探して読んでいるんだけどだいたい更新されていない。更新はされていないから無人、空き家って感じなんだけど、かつてそのひとが書いた文章は沢山残されていて読める。更新してないブログは読める墓標みたいなもので、墓参りしながら読…

雑記:美人に向いている仕事

顔が整っていてスタイルもよく、全身が好ましい外見に生まれたということを最も活かせる仕事ってなんなんだろう?美人であるということを特技とすると、どんな仕事に向いているだろうか? というのはふとテレビを見て、「美人」というものの捉えられ方/価値…

雑記:ブラーエとケプラーの交流/問えない問いについて

物理学者の講義をYoutubeで聴いていたら、ティコ・ブラーエが二十年間夜空を観察してつけた記録をヨハネス・ケプラーが二十年間研究していた(その結果、惑星が太陽の周りの楕円軌道上を移動しているという有名な第一法則を含むケプラーの法則を導いた)とい…

雑記:嫌いなものでも懐かしい

今夜はブギー・バックにのせて展開する東京のファッション文化史40年をおさらいする映像を去年見たときに思ったことをTwitterに投げといたんだけど、それをまとめておこうと思う。思ったのは、やっぱ流行やスタイルってそれを作ろうとしてるひとによってでき…

雑記:夜になっても遊びつづけろ/一人になっても問いつづけろ

金井美恵子の本に『夜になっても遊びつづけろ』というかっこいい日本語があるんだけど、夜になっても朝になっても遊びつづけて次の日そのままさらに遊ぶという日がたまにある。で、先日久しぶりにそのような状況になった。 朝まで遊んだ友達の家で少し寝て、…

雑記:矛盾すること、自分だけにしかできないこと

人は矛盾する。ひとは自分の行いや考えが矛盾していると気づいても、それをする。それをすることができる。矛盾したことを行うというと悪い意味のようにとれるが、それは違う。矛盾する、ということが人の特殊であり豊かさなのだ。自身の矛盾に気づいても、…

雑記:アインシュタインの言葉…だったっけ

以前Twitterでスーザン・ソンタグが「どっかで読んだ哲学科の学生の言葉だったと思うんだけど…」で引用してる言葉があって、ソンタグもかつて哲学科の学生だったので自分の言葉なのかもしれないけど、カントの純粋理性批判に書かれている時間と空間について…

他人の死について 1

www.bbc.co.uk 今年7月に珍しいがんで余命2カ月と診断された32歳の熱烈な「スター・ウォーズ」ファンが、特別の計らいで公開に先立ち今月初めに新作映画を鑑賞。そのダニエル・フリートウッドさんが亡くなったとのことです(英語記事) https://t.co/YkmYWBm…

家族は自分の違ったバージョン

何年か生きてきていろいろな人間を見てきた。多種多様な人間関係のなかで様々な他人を観察してきた。そうした体験を経てあらためて家族(私は独身なので自前の家族はいない。両親のこしらえた家族のメンバーのことです)とそれ以外の人間を比べてみると、家…