読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙のラジオ

だから、読者よ、わたし自身がわたしの書物の内容なのだ。きみが、こんなにも取るに足らない、こんなにもむなしい主題のために時間を使うのは分別のない話ではないか。では、さようなら。

雑記:美人に向いている仕事

雑記

 顔が整っていてスタイルもよく、全身が好ましい外見に生まれたということを最も活かせる仕事ってなんなんだろう?美人であるということを特技とすると、どんな仕事に向いているだろうか?

 というのはふとテレビを見て、「美人」というものの捉えられ方/価値は変わった、変わっていくだろうと思ったからだ。演技の下手な美しい人、歌の下手な美しい人がテレビでその芸を見せていて、そこには芸と呼べるほどのものはなくて、といって美しさだけをありがたがって受け取るような人はさすがにもういないだろうと思ったのだ(実際にはまだいると思うけど)。美人が珍しくなくなるわけではないが、映画やドラマやYoutubeやAVに美人が出ているのは珍しくない。しかし作品として洗練されていくと、出ている人の美しさよりも演技力やリアリティや人間性や必然性が求められるだろう。テレビも映画もYoutubeもAVも、見た目がいいってだけの人が映っていても「もうそこに価値はあまりないんだよな」とか思うわけだ。要するに美しさだけでなく何か特別なもの、必要なものが求められるようになっていく。テレビ番組が初めて放送された頃なら美人が映ればそれでよかったのかもしれないけれど、美人であるというだけのことはもうメディアに映す程のものでもなくなった(ていく)のだと思う。

 とすると、例えばうちの子どもが行く先々で「この子は算数がとてもよくできますね」と言われるなら、(本人が望むなら)そこを伸ばせばいいと思うし、いづれ数学家になるということも視野に入れていいと思うんだけど、行く先々で「この子はとても美人ですね」と言われても、とにかく見た目が影響しない分野でもなにかひとつ頑張った方がいいと私は思うだろう。

 冒頭の問いに戻ると、見た目の美しさだけで向いているといえる仕事や、通用する世界というものはもうない。言い換えると、自身の見た目の美しさだけで通用する範囲で満足すると、すぐに人生に飽きるだろう。