読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙のラジオ

だから、読者よ、わたし自身がわたしの書物の内容なのだ。きみが、こんなにも取るに足らない、こんなにもむなしい主題のために時間を使うのは分別のない話ではないか。では、さようなら。

雑記:町中撮影者の肖像権侵害と悪口/ヘイトスピーチ判定基準について

headlines.yahoo.co.jp

 上記ニュースに対して直接どーこういうつもりはなくて(動画も見てないし、この出来事に他人が介入することなのかどうなのかわからない。情報が一方的で少なすぎるとは思う)ただ二つ連想したことがあるんだけど、一個目は肖像権の侵害ってどうとらえられたり法的に処理されてるのか、もうひとつは何が悪口で何がヘイトスピーチなのかっていう。

1)町中撮影者による盗撮/肖像権の侵害について

 往来で動画を撮影しながら店(他人のプロパティ)のドアを開け、中にいる人に無断で撮影(録音)してネットにアップロードすることっていうのは咎めないつーか普通のことなのかなと。おれは勝手に撮られたら「このファッキンどアホ!勝手に撮るな」と怒って言いそうだなとか思ったわけです。で、町中で撮影してる人の肖像権侵害問題ってどーなってんのだろうかとちょっと思った。今はケータイにカメラついてるし勝手に町中で写真や動画も撮るしネット放送してる人もいる。まあ被害が実体化しにくい(自分が誰かの動画や写真に映っててもそれを発見するのが困難)てのもあるかな。でも撮影してる人でも「撮影していいですか?」と言われたらまあ考えるし、何も言わず当然のことのように自分の姿を撮影されたら「無礼なヤツだな。やめろ」と思う。そこは法的にどーこうはおいといて、まあムカつく。

 でも最近個人的に気になるのは、町中で映り込む人への配慮みたいなのが感じられない撮影者を見かける割合が増えている気がすんだよな。勝手に撮っている、勝手にアップロードしているっていうことがそもそも問われないっていうか。テレビ番組だと道歩いてる人(撮影許可の取れてない人)にはモザイク入れてるみたいだけど。

 私も動物園や外国で撮った写真には道行く人が写りこんでたりするんだけど、彼らに撮影の許可は取ってないから潜在的には盗撮、無断で撮影している。これをアップロードしたりすれば肖像権の侵害だとして訴えられてもおかしくない…けどまあ確率的にバレる(見つかる)わけないっていう状況があるんだよね。ネット上で無名の個と個がなかなか結びつかない。

 でも最初っから不特定多数に写真や映像を公開するつもりのテレビ局やカメラマンやYoutuberや映像作家ならそのへんは意識しといてくれないとかなり迷惑な存在になるよな〜とか。まあ今後各地で迷惑防止条例とかで整備されていくんだろうけど。でも法律で悪いと言われるまでそれをする、もしくは悪いことだと思わないのはちょっと衝突になるから、話し合いとか相互理解が必要なのかもしれん。

 服着てふつうに町を歩いてる人を撮影することと、スカートの中などを撮影する盗撮とは別の問題らしい。

2)何がヘイトスピーチでそうでないのか、どうやって判定するのか

 たとえば男にムカつくことされたら「このクソ野郎」とか、女にイヤなことされたら「このクソ女」、もしくはバカだなと思った相手に「バカ」とか人を殺した人に「この人殺し」とか言うと思うんだけど、それと韓国の人に(日本人でもいいんだけど)イヤなことされたら「ファッキンコリア(ン?)/ファッキンジャパニーズ」というのとどう違うんだろうか?「ファッキン」は禁止用語でもないよな。韓国人にコリアというのは差別になるのだろうか?日本人にジャパニーズというのはべつに普通のことだよな。ムカつく日本人にファッキンジャパニーズ/ファッキンジャップというのは(社会通念上の言葉遣いについての善悪の基準はあるけど)まあ(悪口として)妥当な気がするんだよね。これが「お前が日本人だからムカつくんだよ」はヘイトスピーチになりそうな気がするんだけど、それも曖昧だな。

 これはべつに前述のニュースについてでなくて一般的な判定として、たとえばバカなことしてるヤツに「バカ」というのと、失礼な韓国人(日本人)に「ファッキンコリア(ジャップ)」というのどう違うんだろうか。後者は差別発言になるのかな?これがよくわからん。

 「その言葉を言われること」の不快さや、その言葉のタブーの度合いはある程度の文化的な共通認識はあれども基本的には個人に依る。関西では「アホ」はすぐ言ったり言われたりするけど、関西人じゃない人は怒りますよね。すると個人の受けとめ方が違うとして、どんな単語(もしくは文脈?)をヘイトスピーチやただの悪口とみなすのか?という疑問があるんだよな。

wikipediaには

ヘイトスピーチ(英: hate speech)とは人種、出身国、民族、宗教、性的指向、性別、障害など自分から主体的に変えることが困難な事柄に基づいて個人または集団を攻撃、脅迫、侮辱する発言や言動のことである。

 とあるんだけど、それこそ「主体的に変えることが困難な事柄」ってほとんどのことで、肌の色も生まれ育ちの土地も声のでかさも知能指数もつい万引きしちゃう手癖の悪さもアルコールに依存していることもカッとなると暴力を振るってしまうこともついつい数学に熱中してしまうことも、それこそ本人は変えようと思っても変えられないことってたくさんある。それらについての言葉を相手に投げることが全部ヘイトスピーチというわけ?とか。

 で、たとえば迷惑なことをしている相手に怒って「ファッキン野郎/ファッキン撮影者/ファッキン韓国人/...(なんでもいいんだけど)」と言ったとして、それってヘイトスピーチになるのか?と思うとよくわからないよなとか思いました。