紙のラジオ

だから、読者よ、わたし自身がわたしの書物の内容なのだ。きみが、こんなにも取るに足らない、こんなにもむなしい主題のために時間を使うのは分別のない話ではないか。では、さようなら。

作業日誌:170710 - G20でデモをしてた人たちはどんな人たちなのか

ドイツ、ハンブルクでのG20でデモ隊と機動隊との衝突があった

 と書くとかなり理解できる領域が減るという話でもある。もちろんデモ行進している人たちには(数万人と言われている)様々なグループと様々な主義主張や問題意識があって決して一枚岩でない。機動隊と衝突した過激なグループも参加者のうちのごく一部だ。

 G20でのデモ隊と機動隊の衝突による暴力的でセンセーショナルなニュースはかなり目についたけど、デモ隊はG20の何に反対しているのか、彼らの主張はなんなのかというニュースは見かけなかった。探しても(日本語メディアでは)ほとんどなかった。こーいう報道の仕方をするとデモをする人たちは暴力的な人たちだというイメージを植え付けることになると私は思う。よくない。なので英語メディアですがあるていど包括的な記事を貼っときます。これすらごく一部の視点だということをお忘れなく。

G20 in Hamburg: Who are the protesters? - BBC News

ちょっとながいけど以下引用と雑に翻訳

While the new US president's attitude towards climate change may have angered some gathered in Hamburg, Donald Trump is certainly not the only leader to have invoked protesters' ire.

米国の新しい大統領の気候変動(地球温暖化問題)への態度はハンブルクに集まったデモ参加者の怒りを引き起こすかもしれないが、ドナルド・トランプただ一人が抗議者(デモ参加者)の怒りを呼び起こしたというわけではない。

Russian President Vladimir Putin's intervention in Syria, Recep Tayyip Erdogan's crackdown on dissidents in Turkey and the corruption allegations surrounding Brazil's Michel Temer were just some of the issues brought up by one protester.

ロシアのプーチン大統領のシリアへの介入、トルコのレセプティ・タイイップ・エルドガンによる反体制派勢力に対する弾圧、ブラジルのミシェル・テマーを取り巻く汚職訴訟は、デモ参加者のうちの一人が提げた問題の一部だ。

However, the big problem appears to be the very idea that 19 world leaders, plus the two top officials of the European Union, doing deals behind closed doors.

大きな問題は、各国の指導者19人と欧州連合(EU)の最高責任者2人によって閉鎖的に取り決めが行われるということだろう。

"We know that the people who cause the misery that we have all over the world today - refugees, wars, and so on - they are sitting right now in the G20 and are having a chat." Suse Haber, a protester with an environmental group from Germany, told Reuters.

"In New York right now, some 130 countries are preparing a nuclear arms treaty, in order to abolish nuclear weapons. Meanwhile, the leader of the nuclear powers are sitting here having a good time. That's what we're protesting."

「こんにちの世界中の不幸(難民や戦争など)を引き起こしている当事者たちが、G20に集って気楽に話しているようですが」ドイツの環境団体の抗議者Suse Haberはロイター通信に対し、こう話す。

「ニューヨークでは今まさに、約130カ国が核兵器廃絶のために核兵器条約の準備を進めているけれど、核兵器を所有している国の指導者たちはG20で楽しくおしゃべりをしているだけ。それが私たちが抗議していることです」

 ちょっとカタい翻訳になってしまった。細かいところは違っているかもしれない。しかしデモ参加者(抗議者)の基本姿勢には、ほんとうに解決すべき問題は沢山あるし、その問題の当事者も集結しているというのに、G20は問題を解決するためのモノだとは思えないという基本姿勢があるのだと思います。G20サミットなんてお飾りじゃねえかと。

 その部分について言及している日本語の記事も見つけたので貼っときます。

「ようこそ地獄へ」G20サミット・あり得ないレベルの厳戒態勢(川口 マーン 惠美) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

いずれにしても、これだけ莫大な経費をかけながら、G20で決定される重要事項など何一つなく、最後の共同声明もただのお飾り。法的拘束力は一切ない。

ちなみに、今回のG20の重要テーマの一つはアフリカ支援だが、G7もまとまらない昨今、G20に何か効果的なことが期待できるとも思えない。つまり、G20が世界をより良くするために役立っていないという点では、気勢をあげるデモ隊の主張は正しいようだ。

 デモ隊の違った側面に焦点を当てたCNNの記事もありました。

Rallies, riots and raves: Hamburg's three days of G20 protests - CNN.com

 以下引用です

As dusk fell Friday, activists returned to the Reeperbahn, where protesters from the LGBTI+ community, anarchists and other members of the left enjoyed three separate music events.

Some moved barefoot through the square -- cutting through a wafting pungent smell of cannabis and cigarette smoke as Lou Reed's "Perfect Day" blared from a loudspeaker.

Further down the street, anarchists and members of splinter left groups bounced heads to a socialist-styled hip-hop performance.

Later, a van that had been driven from southern Germany spun electronic music from its roof; a sizeable chunk of the crowd swaying their bodies as blinking lights from water cannon trucks flashed directly in front of them.

 雑な要約をすると金曜の夕暮れには三カ所で別々の音楽イベント(レイブ)が開催されていたようです。電飾バリバリのバンの天井からエレクトロニック・ミュージックが流れ、別の場所ではヒップホップ・パフォーマンスが行われ、裸足で通りを歩く人たちがいて、ルー・リードの『パーフェクト・デイ』のようにマリファナやタバコの煙が俟っていた。

 さらに引用をつづけます

As the G20 summit drew to a close on Saturday, an eclectic mix of up to 50,000 activists, according to police, moved through the city's sun-filled streets, shaking off Friday night's hangover with each step.

G20首脳会議が土曜日に閉幕したため、警察発表によると最大5万人の多様な活動家達が、金曜日の夜の二日酔いを振り払い、太陽に満ちた大通りを行進した。

The marches saw LGBTI+ groups, Marxist collectives, migration lawyers, Chinese human rights activists, Kurdish independence movements, feminist organizations and environmental activists walking peacefully alongside one another with riot police leading the way.


LGBTI+グループ、マルクス主義集団、移民弁護士、中国の人権活動家、クルド人独立運動家、フェミニスト団体、環境活動家たちの行進は、機動隊の導く道をともに平和的に進んでいった。

 ということらしいです。もちろんハンブルクのどこかでデモ隊と機動隊の衝突があったことは事実だけど、そのニュースはどこででも見れるのでこの記事ではとりあげません。

 しかしこのCNNのような記事をみると海外のデモは楽しそうだな〜とか思います。なんだかいろんな人がいろんな理由で参加していて、基本的に自由でピースフルで(町の人々からデモ参加者にコーヒーが振る舞われた、という描写もあった)みんなでパーティーやってまるで町中で行われる文化祭みたいで…暴力や衝突もあるけどそれがすべてではないんですね。

 そして根底には、世界で起こっている問題はわれわれ市民の問題なのだというごく当たり前の意識が見えていいですね。真っ当な感じがする。もちろん悪のりしてるお調子者もかなりいるだろうけれど。

今日のBGM : Lou Reed - Perfect Day

www.youtube.com
 本文にも出たのでルー・リードのこれを。数年前に亡くならはったですね。

作業日誌:170707 - 七夕なので七夕の国について/人生で一番の難事業

七夕なので七夕の国について

 今日は七夕なのでこじつけで岩明均のマンガ『七夕の国』を紹介します。『寄生獣』は有名なマンガなので人生で一度は触れる機会があるでしょうが(映画化、アニメ化もされました)『七夕の国』はとんでもなく地味な話なので誰かがわざわざ紹介しないと大半の人が読まずに人生を終えることになるでしょう。この作品、本当に地味なので最初はなかなか読む気がしないと思うんですけれど、面白いです。『寄生獣』によってハードルがあがりまくった後に発表された作品ということで不遇な扱いを受けている感がありますが、文句なく秀作であると思います。定期的に読み返したくなる作品ですね。私はとても好きです。

 話のあらすじはおいといて、このマンガはいったい何を抽象化して一般化して読めるか(私は読んだか)というと、恐怖と恐怖故に何かに囚われることについてですね。恐怖をどのように捉えているかという立ち位置の違いによって必要な数の主登場人物が配置されています。恐怖に囚われていてそこから動けない人間、恐怖に囚われているがなんとか恐怖を克服しようとする人間、恐怖を感じない人間、恐怖に囚われていない人間、と一通りのバラエティが提示されます。この辺が『寄生獣』でも発揮された岩明均のうまいところですね。物語の設定上考えられるかぎりの種類の人物を必要なだけ出す(人を殺す寄生生物、人を殺さないようにする寄生生物、寄生生物と人間のハーフ、人間、人間を殺す人間)という。

 このマンガにはある二つの特殊な能力が登場します。この二つのうちの片方がまさに「恐怖を感じる能力」なのですが、もう一つの能力は「その能力を持っていない者からすれば恐怖すべき力」と映るというところがうまい。その能力は一体何のためにあるのかという問いもこの作品の肝です。恐怖故に何かに囚われることと、誰かから見た巨大な能力というのは…とこれ以上は本編を読んで欲しいですね。

 最後に、あまり引用するとこのマンガの大事な部分を先に知ってしまうことになるのでしたくないのですがとある印象的な一シーンを紹介します。このような会話がなされるということはやはりこの話で扱われるモチーフは、抽象化/一般化されて理解される構造を持っているものなのだと思います。たぶん

「本当にさびしいのは たぶん……自分の死……自分だけがそこにいなくなる……」
「ずっとひとり……千年たっても1万年たっても 暗い場所にずっとひとり とじこめられた……永遠の意識のような……」

「きみは怖いか。」
「はい……とても……」
「あれは夢さ。ただの夢……ただし、恐ろしいほど「悪意」のつまった夢だ……!」
「……おれにも恐れの気持ちはある。……だが必要以上に怖がることはない。」
「あの「悪夢」と戦い、いつか必ず自由になる。おれがそれを証明してみせる」
 岩明均『七夕の国』

七夕の国 (My First Big SPECIAL)

七夕の国 (My First Big SPECIAL)

人生で一番の難事業といえば

 無から有へ転ずるという量子論的な飛躍、この世に生まれてくるということがおそらくいままでで(これからも)一番の大仕事だったのだから、現世でとくに何も為さず、子孫も残さず、そのまま死んでいってもすでに大もうけなのではないかと思う。生まれただけでもうべつに何もしなくて善しというか。

 その思想のためかわからないが、私はあまり頑張らない。何かをできるだけ後回しにして一時間でも多く寝たい。そうしてだらだらすべてを先送りにし、あるとき唐突に自分がいま死ぬときなのだと自覚して、ものすごく後悔してそのまま死んでいくのだろうなと思う(後悔はしそうだ)。私は私よりも先に死んでいく者たちに対して「この人と一緒にもっと○○していればよかったな」と思うよりも、もっと多くのことを死にゆく自分に対して思うだろう。

今日のBGM : Acid House: Artwork Boiler Room x Fac 51 Hacienda x WHP Manchester DJ Set

www.youtube.com
 ArtworkのBoiler Roomでのライブ動画。音楽はいいけど盛り上がらないねと評判のBoiler Room、だけど今回のこーいう文化祭みたいなロケーションや雰囲気は自由度があっていいと思います。ボイラールームの動画ではよく “great music shitty crowd: boiler room” とか言われてるんだけど、でもこれはボイラールームだけの話じゃないし、客だけのせいってわけでもない。なんかもっとクラブや音楽やDJの有り様を分析する必要があると思うんですよね。

作業日誌:170706 - 嘘はいけないね

感想文の作法

 その体験自体はつまらない作品や文化でも、それについてあれこれ文章を書くのはおもしろいし、文章そのものもおもしろいっていう書き手や文章がものすごく増えてて、でその人たちは「いや、実物はつまんないですよ」とわざわざ言わないってことに自覚的でないという問題があるのかもしれない。

 たとえばクラブ音楽やクラブ文化についての文章はおもしろいんだけど、クラブイベントやクラブという場所そのものは行ってみると実際けっこうつまんない(UstreamYoutubeで放送されているのを見る方が楽しかったりする)ということがある。ものすごくおもしろいときもあるけど、それはごく一部/一瞬だったりとか。ごく一部というのは、それを褒める/すごいものだと紹介する文章の分量に比べてでもある。もちろん最初から最後まで楽しんでいる人もいるだろうし、クラブの現場や音楽が好きでたまらないという人もいるだろう。しかしここで私が問題にしたいのは「それについて書かれた文章」と「実物」の差異についてである。

 現代美術でも作品のコンセプトや文脈に対する姿勢や提示する概念、その文章はすごく説得力があるけれど、作品そのものや展示空間はつまらないというのもある。身近なところではマンガについておもしろおかしく書いてあるけどマンガ自体は読んでみるとつまらない、音楽のアルバムや音源についていろいろ書いてあるけど結局はただの音楽で早飽きてすぐ送りしてしまう。などいろいろある。

 ネットの文章を読んでいるとこのような体験があまりにも増えた気がするので、なんでだろうかと考えていた。答えはほぼわかってるんだけど、んじゃなぜその「答え」がはびこるようになったのか。まず答えを下記事から引用する。

凍雲篩雪 - 猫を償うに猫をもってせよ

Car qui de sentiment ne fait,
Son ouevre et son chant contrefait

本当の内心の情熱なしに、表わそうとする感動を自分で感じないで、ものを書いたり、作曲したりするのなら、何もしない方がましである。なぜなら、それはつねにうそだからだ

 ギョーム・ド・マショールというひとの言葉らしい。

 ようするに、それは嘘だからだ。嘘を読んでいるからつまらないのだ。とても単純な答えである。「レビューで嘘をつこうがつくまいが、つまらないマンガはつまらないだろう」という意見が飛んできそうだ。それはそのとおり。だがウソによってつまらなさを隠している文章と、つまらなさを前提としてそれを好きな人が中立的なバランス感覚と愛をもって書かれている文章は違う。嘘と情熱と、どちらかに触れてからその作品に触れることも別物だ。事前の情報が違うことによって楽しみ方も変わるのだから。B級映画について書かれている文章と流行りのマンガについて、流行りの音楽について書かれている文章は(すこし)違う(すべてとは言えないが)。それはつまらなさを前提としているが故に「楽しもうとすること」という視点が導入されているという違いなのかもしれない。が、しかし何が違うのかについてはまだよくわからない。

 SNSによってだれもが文章を書くということの弊害がこれだろうか。嘘が嘘と自覚されずに書かれてしまうこと。今はだれもが自らすすんで、タダで嘘を書く時代なのだということなのだろうか。自覚のある嘘としては、それでお金をもらっている人の商品レビューの文章がある。これは(媒体やモノに依るけれど)私にはつまらなくなった。それは愛の結晶である確率がほぼないからだ。つまらない。

 ところで少し違う角度のつまらなさについて書いておくと、SNS以降の表現の口述に「作品そのものでは完結しない」「受け手があれこれすることであれこれ」みたいなメタ視点を含んだものが普通になったし、まあそれはそれでべつにいいんだけど、シンプルに「それそのもので完結してないもの」はけっこうつまらないものだということがはっきりしてきたのかもしれない。

 何はともあれ嘘はよくないね。嘘になるということに自覚的でないと、これもよくない。

天才とはアインシュタインのことである?

 よく天才の例でアインシュタインが出てくるんだけど、たとえば他の惑星に知性のある生き物がいづれ相対性理論を導きだす(イーガンの小説…)だとか、もしくはもっと簡単に地球にアインシュタインがいなくても他の誰かがいづれ相対性理論を発見していたとしたら、たとえばアインシュタインのどんなところをさして天才だというのだろうか。

 でもノイマンアインシュタインが一番の天才だと言っていたように(アインシュタインノイマンが一番の天才だと言っていたらしい)やっぱその他様々な細部にわたる総合的な天才さ、他との違いのようなものがあるんだろうか。どうかな。

今日のBGM : Funkin Even - She's Acid

www.youtube.com
 あまり情報は無い。eglo recordsの人と言うことしか知らない。この曲もegloのコンピCDで知った。地味だけどいい。